パソコンサイトはこちら
スマートフォンはこちら

ドローン災害支援

ドローン災害支援について

近年、異常気象や地震などによる大きな災害が多発しております。被災直後の過酷な状況には、人が足を踏み込む余地が無い場合が多々あります。その中で、小回りが利き、空中からアプローチができるドローンの可能性が、強く見出されるようになりました。

私たちアルファーミングルでは、ドローンを用いた災害支援をを積極的に行っております。

少しでも多くの人を助けるため、少しでも多くの被災地を元気付けるために、私たちにできる努力を惜しみません。

元レスキューヘリパイロットが語る、ドローン災害支援の可能性について

元レスキューヘリパイロット

吉岡光一

私は長年レスキューヘリのパイロットをおこなってきました。あらゆる被災地に赴いた中で感じたことは、悲惨な状況の被災地ほど、人が足を踏み込むことはできないという現実です。当たり前のことかもしれませんが、なすすべもなく被災地を見下ろすことは、大変歯がゆく、辛いものがあります。

そんな中、ドローンパイロットとしてドローンと携わるようになり、災害時におけるドローンの可能性について、強い希望をもつようになりました。

地面の状況に左右されず空中からアプローチができ、小回りが利き、機種の改良によりどんどん精密でタフになっていくドローンは、被災地支援に大きな革命をもたらすと感じています。すでにドローンを活用している支援事例も大変増えてきました。

今後は公的機関との連携を図り、より災害時に実践的な支援ができるよう、具体的な対策や準備を整え、事業を確かなものにしてゆきます。

ドローン災害支援の例

被害状況の確認

活動中の火山や、断崖絶壁、被災直後で人が入れない状況の被災地など、ドローンを利用して状況を安全に確認することができます。

農業にドローンを使って効率化を図ろう!

救難資器材の搬送

交通機関が途絶えて孤立化してしまった地域に、空から最小限のコストで救援物資を搬送することが可能になります。コストが下がることにより、より多くの地域、人へと救難資器材を届けることができます。

農業にドローンを使って効率化を図ろう!

薬剤散布による衛生面のケア

災害によってもたらされる被害のひとつに、衛生面の悪化による二次被害があります。そんな時ドローンでの薬剤散布を行えば、一度に広範囲をケアできるほか、散布者への薬害も防ぐことができます。

農業にドローンを使って効率化を図ろう!
お見積り無料!
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
メールによるお問い合わせはこちら
PAGE TOP ▲