パソコンサイトはこちら
スマートフォンはこちら

JUIDA認定 α-ドローン・スクール

JUIDA認定スクールとは!?

一般社団法人日本UAS産業振興会(JUIDA)では、日本で初めてとなる、ドローン(無人航空機)の操縦士および安全運航管理者養成スクールの認定制度を2015年10月にスタートしました。JUIDAとJUIDA認定スクールは、無人航空機産業の健全な発展のため、無人航空機運航上の安全に関わる知識と、高い操縦技術を有する人材の養成を行います。

JUIDAは、2017年6月より所要の要件を満たす管理団体として、国土交通省航空局ホームページに記載されています。

α-ドローン・スクール3つの強み

航空のプロが講師!
レスキューヘリの元パイロットが直接教えます。

航空業界でプロフェッショナルとして活躍してきた、レスキューヘリの元パイロットが講師としてドローン飛行を教えます。
他のスクールには無い、α-ドローン・スクールの最大の強みです。

実践重視!
実際に自然の中を飛ばすので、実力が身につきます。

屋内飛行のみでライセンスを取れるスクールもあるようです。ですが、はっきり言ってそれだけの経験では実践で臨機応変に飛ばすことは難しいです!富士山ビューの大自然の中で気持ちよく飛ばしながら実力を身につけましょう。

危険を学ぶ!
楽しいだけではない、ドローンのリスクが学べます。

ドローン飛行は楽しい!しかし、それと同じくらい危険もあります。他スクールや独学では学ぶ事ができない、ドローン飛行の注意点やリスクについてしっかりと講習するので、実践でのトラブル回避に繋がります。

そもそも、なぜスクールで学ぶの!?

実は、現在の日本では、「ドローンを操縦する」のに必要な資格はありません。
しかし、ドローンは200g以上を「航空機」として分類し、飛行させるのには、航空機と同様に「航空法」が適用されます。
航空法は法律なので、違反すると逮捕されてしまうこともあります。それだけではなく、誤った飛行で物を破損させたり、人を傷つけてしまったりすることもあります。
だからこそ、α-ドローン・スクールで、安全な飛行を身につけ、共に楽しいドローンライフを送りましょう!

PAGE TOP ▲